マタニティライフにお役立ち 妊娠期間中の旅行で気を付けるポイントロイヤルカイラフォトスタジオ

【電話受付】11:00~18:00 / 不定休
【営業時間】10:00~18:00
要予約|東京・横浜・名古屋共通番号
050-5805-6545
東京スタジオ横浜スタジオ名古屋スタジオ 【電話受付】11:00~18:00 / 不定休
【営業時間】10:00~18:00
要予約|東京・横浜・名古屋共通番号
050-5805-6545
撮影予約はこちらから
 
マタニティフォトとは
フォトスタジオ探しのチェックポイント
思い通りのマタニティフォトを
撮影するには
教えて!マタニティフォト
マタニティフォトの
ベストな撮影時期とは?
どの撮影場所が一番いいの?
撮影時はどんな格好をすればいいの?
撮影時はどんなポーズを
すればいいの?

マタニティフォトを撮影した
芸能人 New

真似したい!マタニティフォトの
インスピレーション

マタニティライフにお役立ち
妊娠中の身体の変化 妊娠初期
妊娠中の身体の変化 妊娠中期
妊娠中の身体の変化 妊娠後期
マタニティ期間だけの楽しみ方
妊娠中のおすすめの食事
妊娠期間中の旅行で気を付けるポイント
妊娠中は避けた方がいい食べ物
妊婦さんにおすすめのマタニティグッズ
妊婦さんにおすすめの
マタニティマッサージ
プレママにおすすめのアプリ
マタニティフォトアイデア色々
マタニティエステとは
マタニティ限定イベント
マタニティダイアリー
マタニティフォトがおすすめな理由
産休中にやりたいこと
赤ちゃんのお名前ランキング
2015年名づけの傾向
2016年お名前ランキング
赤ちゃん名づけのタイミングは?
2017年赤ちゃん名づけのトレンド

国が違えばこんなに違う?
海外育児事情

安定期になったら
戌の日に安産祈願へ

マタニティフォト利用者の声 New

マタニティフォトアイデア色々

インスタグラムにアップしたい
マタニティフォト

お洒落にディスプレイ
ギャラリーパネル New

マタニティフォト
かざれるフォトパネル New

女性カメラマン募集
ロイヤルカイラフォトガイド ベビーフォトスタジオプルメリア マタニティフォトハワイ ロイヤルカイラロケーションフォト 横浜前撮り ロイヤルカイラフォトスタジオ・ペット ロイヤルカイラウェディング フォトグラファーYUMA フォトグラファーMAKOTO
マタニティライフにお役立ち 妊娠期間中の旅行で気を付けるポイント

妊娠期間中の旅行で気を付けるポイント

自身が安心の出来る外出・旅行を計画しましょう

妊娠中だからといって、外に出ることにナーバスになり、家にひきこもる必要はありません。むしろ外出や旅行をして、新鮮な空気を吸い、五感を刺激した方がストレス軽減にもつながります。しかし、これらは母子共に健康であり、安定期に入った状態でのこと。 もちろん自己責任になりますので、自身が安心の出来る外出・旅行を計画するようにしましょう。 妊娠期間中の旅行で気をつけるポイントを見てみましょう。

妊娠中の旅行時期

妊娠中の旅行時期

旅行前にはきちんと主治医に確認を!

安定期である妊娠5ヶ月から7ヶ月(16週~27週)が旅行の時期に望ましいです。
この時期はつわりからも解放され、精神的に安定するママも多いのではないでしょうか。
適度に休みを取りながら、旅行を楽しむようにすれば問題はありません。ただし、ご自分だけの身体ではなく一つの命を育てていますので、細心の注意を払うことをお忘れなく。
旅行前にはきちんと主治医に確認をし、了承を得てから身体に無理のない旅行プランを立てるようにしましょう。

母子手帳と保険証を常に持ち歩く

旅行に関わらず、常に母子手帳と保険証は持ち歩くようにしましょう。万が一に備えておくことが重要です。

  • 飛行機を利用する時期
    飛行機を利用する時期

    妊娠初期はつわりもあり、流産の可能性が高く、妊娠後期は出産が早まるリスクがあるため、飛行機に乗ることは避けましょう。
    安定期である時期の妊娠5ヶ月から7ヶ月(16週~27週)を選ぶようにするとよいでしょう。実際JALなどの日系航空会社では、妊娠36週以降は医師の診断書が必要になり、出産予定日の2週間以内は産科医の同伴が必要になります。各航空会社により規定が異なりますので、必ず確認をしましょう。

  • 搭乗中
    飛行機を利用する時期

    妊娠中は血流が悪くなり、むくみやすいので足の体操を2、3時間おきにするようにしましょう。
    着圧ソックスを履くとむくみを予防出来ます。
    また、トイレに行きやすいように通路側の席を選びましょう。シートベルトもきつく締めずに毛布を挟んで優しく締めましょう。また、機内は大変乾燥しますので、水分補給はしっかりしましょう。

旅行先での病院の把握

24時間対応出来る病院があるとなお安心

旅行先は慎重に選び、緊急時を考えどの辺りに病院があるのかを把握しておきましょう。実家の里帰りではなく、旅行となると土地勘がありません。知人もいないため、頼れるのは自分と一緒に旅行をしている人だけになります。滞在先に一番近い病院の住所、連絡先は事前にチェックをしておきましょう。24時間対応出来る病院があるとなお安心です。
旅行に関わらず、常に母子手帳と保険証は持ち歩くようにしましょう。万が一に備えておくことが重要です。

旅行の内容

身体のことを考え、余裕のある旅行プランを立てよう

いろいろな場所を巡ってみたい気持ちも分かりますが、無理は禁物です。
リラックスをすることを前提で旅行プランを立てましょう。できれば一つの場所でのんびり過ごし、おいしいものを食べ、ゆっくりお風呂に入り、気持ちの良い眠りにつけるようなプランをおすすめします。

妊娠中の温泉
妊娠中の温泉

温泉が身体に良いというのは言うまでもありません。
実際、温泉が病気やケガを癒すことから、数多くの人が利用してきました。しかし、同時に症状により温泉に入浴をしてはいけない症状をまとめた「禁忌症」というものもあります。
昔は禁忌症の一つとして「妊娠中」が入っていました。これにより、妊婦さんの温泉入浴は母体に悪影響であるという概念があり、避けられていました。
最近では、医学的根拠がないために、環境省がこれを見直し、現在は妊娠中の項目は除外されています。
しかしながら、妊娠中であれば刺激の強い温泉は避け、循環式ではなく源泉かけ流しを選ぶようにしましょう。他にも気を付けたい点は、貧血を防止するために長湯はしないこと。また、滑って転倒しないように足元には十分気を付けるようにしましょう。

TOP