マタニティライフにお役立ち 妊娠中は避けた方がいい食べ物ロイヤルカイラフォトスタジオ

【電話受付】11:00~18:00 / 不定休
【営業時間】10:00~18:00
要予約|東京・横浜・名古屋共通番号
050-5805-6545
横浜スタジオ東京スタジオ名古屋スタジオ 【電話受付】11:00~18:00 / 不定休
【営業時間】10:00~18:00
要予約|東京・横浜・名古屋共通番号
050-5805-6545
撮影予約はこちらから
 
マタニティフォトとは
フォトスタジオ探しのチェックポイント
思い通りのマタニティフォトを
撮影するには
教えて!マタニティフォト
マタニティフォトの
ベストな撮影時期とは?
どの撮影場所が一番いいの?
撮影時はどんな格好をすればいいの?
撮影時はどんなポーズを
すればいいの?

マタニティフォトを撮影した
芸能人 New

真似したい!マタニティフォトの
インスピレーション

マタニティライフにお役立ち
妊娠中の身体の変化 妊娠初期
妊娠中の身体の変化 妊娠中期
妊娠中の身体の変化 妊娠後期
マタニティ期間だけの楽しみ方
妊娠中のおすすめの食事
妊娠期間中の旅行で気を付けるポイント
妊娠中は避けた方がいい食べ物
妊婦さんにおすすめのマタニティグッズ
妊婦さんにおすすめの
マタニティマッサージ
プレママにおすすめのアプリ
マタニティフォトアイデア色々
マタニティエステとは
マタニティ限定イベント
マタニティダイアリー
マタニティフォトがおすすめな理由
産休中にやりたいこと
赤ちゃんのお名前ランキング
2015年名づけの傾向
2016年お名前ランキング
赤ちゃん名づけのタイミングは?
2017年赤ちゃん名づけのトレンド

国が違えばこんなに違う?
海外育児事情

安定期になったら
戌の日に安産祈願へ

マタニティフォト利用者の声 New

マタニティフォトアイデア色々

インスタグラムにアップしたい
マタニティフォト

お洒落にディスプレイ
ギャラリーパネル New

マタニティフォト
かざれるフォトパネル New

女性カメラマン募集
ロイヤルカイラフォトガイド ベビーフォトスタジオプルメリア マタニティフォトハワイ ロイヤルカイラロケーションフォト 横浜前撮り ロイヤルカイラフォトスタジオ・ペット ロイヤルカイラウェディング フォトグラファーYUMA フォトグラファーMAKOTO
マタニティライフにお役立ち 妊娠中は避けた方がいい食べ物

妊娠中は避けた方がいい食べ物

ママが摂取する食べ物は全て赤ちゃんの健康へとつながります。栄養豊富な食材をバランス良く食事に取り入れ、健康な赤ちゃんを育みましょう。同時に、妊娠中は避けるべき食べ物も存在します。普段は特に気にせず食べていた物も、妊娠中は我慢する必要があります。一つの命を育てている意識を常に持ち、身体にとって良い食材を意識的に摂り、赤ちゃんにとって良くない食べ物は避けるようにしましょう。

避けるべき食べ物その1:マグロ

マグロ

マグロはスーパーの鮮魚コーナーに必ずと言っていいほど置いてあり、手に入りやすくおいしいことから、多くの家庭の食卓に並ぶ一品ではないでしょうか。
マグロはDHA、EPAや良質なタンパク質を含み、健康を促進する食べ物の代表格とも言える食材ですが、妊娠中は控えた方がいいとされています。
なぜなら、マグロはわずかではありますが、「メチル水銀」を含んでいるからです。
メチル水銀は神経系の発達に悪影響が出ることが報告されています。厚生労働省は80gを週1回までであれば問題はないとしていますので、適量を食べるようにしましょう。

避けるべき食べ物その2:生卵

生卵

サルモネラという細菌を聞いたことがあるでしょうか。
食中毒を引き起こす菌の一つであり、感染すると嘔吐・下痢・発熱などの症状が表れます。卵の殻に付着していることがあるため、妊娠中に生卵を食べるのは避けましょう。
サルモネラ菌が直接お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすわけではありませんが、感染後はひどい腹痛・下痢・嘔吐の症状が出るため、切迫早産やひどい場合は流産につながることもあります。卵を食べる時は必ず火を通しましょう。

避けるべき食べ物その3:チーズ

チーズ

リステリアは食中毒を引き起こす菌の一つで、ナチュラルチーズに増殖します。
前述のサルモネラ菌は胎児に直接的な悪影響を及ぼすことはありませんが、リステリア菌は胎盤から胎児に感染し、流産や死産につながることが分かっています。さらに、妊娠していない状態よりも20倍感染しやすいことが分かっています。他の人達と同じ食事をしたのに、妊婦さんだけが食中毒になってしまったというケースも報告されています。
主に加熱をせずに食べる食品に増殖するリステリア菌ですが、ナチュラルチーズは特に注意が必要です。カッテージチーズ、モッツァレラ、カマンベールなど熱処理されていないチーズは気をつけましょう。
リステリア菌に感染するとインフルエンザに似た症状を伴います。
チーズに限らず、生ものは全体的に避けた方が賢いと言えるでしょう。

避けるべき食べ物その4:カフェイン

カフェイン

寝起きのコーヒーがないと目が覚めない…という人は多いのではないのでしょうか。
お友達との楽しいティータイムも、カフェラテ、ショコララテ、カフェモカやカプチーノなど、メニューにはカフェインを含んだおいしそうなドリンクがたくさんあります。
なぜ、妊婦さんはカフェインを控えた方がいいのでしょうか。カフェインには利尿作用がありますので、せっかく体内に入れたカルシウムが尿と一緒に排出されてしまいます。
また、カフェインは鉄分の吸収も妨げることが分かっています。さらに、流産や早産につながるとも考えられています。
各国の研究で一日当たりカフェイン摂取量が100mg以下であれば問題ないとされていますが、できればカフェインレスに切り替えましょう。

避けるべき食べ物その5:ひじき

ひじき

ひじきはミネラルをたくさん含んだ、食物繊維豊富な食品。
また、ひじきには妊婦さんには欠かせない鉄分を多く含みます。
このように見ると、ひじきは妊娠中食べた方が良いのでは?と思いますね。
ではなぜ妊娠中は避けた方がいいのでしょうか。それは、ひじきには微量ではありますが、ヒ素が含まれているからです。けれども先に述べたようにひじきは栄養価が高く、身体に良いというのは事実です。
厚生労働省は体重50kgの人が一日当たり4.7g以上を毎日摂取しない限り、身体への悪影響はないとしています。何事もそうですが、バランスを保つことが重要です。
身体に良いからと同じ食べ物を一度にたくさん食べるのではなく、ほどほどに食べるようにすることが大切です。

TOP